スポンサードリンク

2008年01月25日

新型クラウンに目の開閉検知し衝突防止警告する世界初システム装備へ:まぶた長く閉じると

近く発売予定の新型クラウンに、運転者の目が閉じていないかどうかを検知して警告を発っする世界初の安全システムを、トヨタ自動車はオプション装備することになった。

モニターカメラと画像処理コンピューターを新型クラウン車内に設置し、まぶたをまばたきより長く閉じていると、警告音を鳴らしたり、軽いブレーキをかけ運転者に警告する。


posted by とも at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

2月登場の新型トヨタ クラウン最新情報:corism

クラウン@最新情報 ブログの愛読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

corism の正月号に、スクープとして「新型トヨタ クラウン」の最新情報が載っています。新型トヨタ クラウンのアスリートとロイヤルの2タイプが2月に登場。そして、約3カ月遅れて待望のハイブリッドモデルがデビューする。

corismは「パッと見は大きく変わっていないようにも見えるが、ボディラインや細部のディテールを現行型と比べてみるとかなり洗練されており、これまで以上にスポーティな印象を与えてくれる。ボディサイズは、全長4870mm×全幅1795mm×全高1470mmと、現行型に比べ全長で30mm、全幅で15mmほど拡大されているようだ」

「特筆すべきは改良されたシート。フロントシートはシートバックを20mm高めて肩周りのホールド性を向上。また、ランバーサポートの位置も30mm下げることで、腰周りのサポート感を向上させている。こうした改良にシート表皮とシートクッションの厚みを増したこととが相まって、高級サルーンに相応しい快適な座り心地を提供してくれるだろう


「エンジンバリエーションは、全モデルV6がラインナップされる。アスリートには215ps/26.5kg-mを発生する2.5リッターと315ps/38.4kg-mを発生する3.5リッターが用意され、ロイヤルは、256ps/32.0kg-mの3リッターとアスリートと同じ2.5リッターとなる。トランスミッションは「駆動力統合制御システム」という新たな制御システムが採用された6速ATが組み合わされる。アクセル操作と車速からドライバーが求める駆動力をコンピュータで予測し、最適なギヤ制御とエンジントルクを引き出すという新システムの採用により、これまで以上に質の高い走りを味わうことができるだろう」と言っています。

(引用先 corism:Http://corism.221616.com/articles/0000074396/)

なかなか、ポイントをついてうまく解説してあります。美しい新型トヨタ クラウンの写真つきです。新型トヨタ クラウン購入を検討しておられる方は、一読の価値があると思います。
posted by とも at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。