スポンサードリンク

2007年05月07日

クラウン マジェスタ:ヘッドアップディスプレイを標準装備

「クラウン マジェスタ (CROWN MAJESTA) はトヨタ自動車で生産・販売されている大型の高級自動車。トヨタのオーナーズカーとして最高級車である。

トヨタが想定している競合車種は、国産では日産のシーマ、ホンダ・レジェンドなど。 輸入車ではメルセデス・ベンツ Cクラス、BMW・3シリーズ、アウディ・A4等のDセグメント車が価格的に相当する。一方ボティサイズ・排気量では、メルセデス・ベンツ Eクラス、BMW・5シリーズ、アウディ・A6などのEセグメント車が相当する。

2005年よりトヨタ系列の高級車ブランドとして、日本国内でレクサスが販売開始されたこともあり、想起されるイメージが高級車的なものからから、大衆車のなかの大型高額車種という要素に変化してきている。

初代より全シリーズでフロントガラス上に情報を表示する機能を持ったヘッドアップディスプレイを標準装備している唯一の車。これにより他の自動車との差別化が図られている。ナイトビジョンを除くとヘッドアップディスプレイはレクサス全車種、センチュリー、セルシオを含め、高級車でも他の日本の乗用車には装備されていない」。

(引用先Wikipedia)。


posted by とも at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン マジェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。