スポンサードリンク

2007年05月07日

四代目クラウンマジェスタ:スポーティーさを強調:持ち込み車検

「四代目クラウンマジェスタは、ZERO CROWNとして大胆なモデルチェンジを果たしたクラウンと同様に、歴代の中では最もアグレッシヴでスタイリッシュなデザインとなったが、縦型テールランプは継承された。

エンジンは直6・3.0Lエンジンを廃し、セルシオなどと共通のV8・4.3リッター(3UZ-FE)のみとなった。 トランスミッションは6速シーケンシャルシフトマチック(スーパーインテリジェント6速オートマチック<6 Super ECT>)のみ。

グレードは4WD仕様のi-Fourをあわせ、CタイプとAタイプの3グレードのみ。 ターゲット年齢層を下げるため、高級感のあるツートンカラーの設定が無くなり、した単色のみの設定とした。ベースカラーはホワイト・ホワイトシルバー系。

全車にエレクトロマルチビジョンとバックガイドモニターやETCを標準装備し、ナイトビュー、インテリジェントAFS、プリクラッシュセーフティーシステム、レーンキーピングアシストなどの最新鋭の安全装備も搭載している。 天然木を使用したり、特殊な防音材を使用するなど内装も高級な作りになっている。

2006年7月3日、マイナーチェンジがなされ、キャッチコピーは”至高の走りが、ここに極まる”及び”drive, MJ”。セルシオが6月に製造中止となり、トヨタブランドとして、ショーファードリブンであるトヨタ・センチュリーなどを除いてオーナーズカーとして最上級車種となった。

2代目からの伝統として、マイナーチェンジ後はフロントグリルが横桟から縦桟グリルに変更された。

マイナーモデルチェンジに伴い、トヨタモデリスタより「クラウンマジェスタ・スーパーチャージャー」が発売されている。 340馬力など数々のチューンや、エアサスペンション、6速トランスミッション、マフラー、スタビライザー等も専用に設計されたものになっている。エンブレムも専用のものが付き、差別化が図られている。

大幅にチューンアップされているため、持ち込み車検となるほか税金の減免処置が受けられなくなるなどの注意も必要」。

(引用先Wikipedia)。


posted by とも at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン マジェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。