スポンサードリンク

2011年02月25日

クラウンなどにも人気の高性能GPS レーダー「MOTO GPS RADER」:載せ替えの手間がなく大変便利

クラウンにも人気なのが、バイクにも車にも使える高性能GPS レーダー「MOTO GPS RADER」。載せ替えの手間がなく大変便利。充電式・高感度のため、ポケットに入れての使用も出来ます。白バイ監視エリアやら交番エリアやらと教えてくれます。何より、GPSのデータ更新が無料。

img57030888.jpg

高性能GPS レーダー「MOTO GPS RADER」は、連続動作時間5-8時間。超高感度トリプルエンジン、Bluetooth発信機能(HFPプロファイル)。バイク用ステー付属。防水機能IPX5相当。

このような高性能GPS レーダー「MOTO GPS RADER」は、クラウンやバイクやキャンピングカーなど何台も持っている方は、載せ替えの手間がなく大変便利。

クラウンドライバーなどに人気の高性能GPS レーダー「MOTO GPS RADER」の口コミ一覧を見る。「車とバイクで使用してます。どちらも数台ありますので載せ替えの手間がなく大変便利です」など。



posted by とも at 16:19| クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

クラウン関連では「マークX+Mスーパーチャージャー試乗レポート」が人気一番:加速尾音・良い乗り心地

トヨタ クラウン関連ニュースでは、現在「マークX+Mスーパーチャージャー試乗レポート」が人気一番です。サーキットでの試乗。

コ:「ミュィーーン!」って音が、いかにもスーパーチャージャーらしい。結構な加速感やけど、実際パワーはどれくらい出てんの?
せ:ノーマルより42psアップの、360ps。トルクは12kgm増しの50.7kgmだから、「レクサスLFA」の4.8リッターV10よりも太いです。
コ:スーパーやん! でもいまどき、こんなにニャーニャー鳴くスーパーチャージャー無いよなぁ。

コ:それにしても、この「プレミアム」、乗り心地がええねんな。足まわりはノーマルと違うんやろ?
せ:カヤバ製の専用スポーツサスペンションです。スーパーチャージャーと同様に、高速道路やタイト過ぎないワインディングを想定してセッティングしたそうです。
コ:道理でガチガチやないわけや。案外ロールするな。(GAZOO.com のクラウン マークX+Mスーパーチャージャー試乗レポート より)。
posted by とも at 16:17| クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

トヨタクラウン ハイブリッド試乗記:レクサスGSを超えた洗練度・燃費良でスムーズな加速・Corism

Corismに、丸山 和敏医師が、トヨタ クラウン ハイブリッドはレクサスGSを超えた洗練度のようだとの試乗記を載せています。

自称自動車評論家の丸山 和敏医師は、トヨタ クラウン ハイブリッドがレクサスGSを超えている理由として、燃費の悪い高級車は肩身の狭い時代、GSとは大違いのスムーズな加速に驚く、新世代ハイブリッドの完成度には大満足と挙げています。

Corism
posted by とも at 14:50| Comment(12) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

新型クラウンは尿中のアドレナリン30%減へ:サスペンション改良で疲労減へ

新型クラウンについては、いろいろ報道されています。 疲れにくくするため、新型クラウンは車体支持装置のサスペンションを路面からの衝撃を抑える工夫などの改良した。

疲労と関係ががある尿中のアドレナリンの量を長時間運転の前後で測定した結果、その量をこれまでのクラウンと比較して約30%減少させた。

新型クラウン 世界初のナビ協調システム(レスポンス)
posted by とも at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

新型クラウンの特別無料試乗がアムラックス東京とメガウェブで:運転シミュレーター経験も可

新型クラウンの特別無料試乗が、アムラックス東京(東池袋)で3月上旬から、(お台場)で2月20日からおこなわれる。

新型クラウンの特別展示は、アムラックス東京で2月19日〜5月11日まで、メガウェブで2月20日〜5月11日までおこなわれる。それぞれ運転シミュレーターが導入してあり、最新の走行安全技術の一部を経験できる。

新型クラウンの注目先進技術(価額.com)
posted by とも at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

発売の新型クラウンの詳細解説:Car Sensor Lab

クラウン@最新情報で1月から13代目の新型クラウンについて、「2月登場の新型トヨタ クラウン最新情報:corism」「新型クラウンに目の開閉検知し衝突防止警告する世界初システム装備へ:まぶた長く閉じると」「新型クラウンにカーナビ連動ブレーキアシスト:一時停止地点前で」とのタイトルで連載してきました。

2/18に13代目の新型クラウン発売されましたが、発売に際しての解説は、Car Sensor Lab が写真つきで詳しいです。

トヨタのトップブランドらしく世界初や日本初の最新技術を満載
4.5Lの動力性能で2L並みの燃費をうたう ハイブリッドモデルも投入された、操縦安定性や乗り心地の向上に加え環境性能や安全性が格段に進歩、ハイブリッドはV6&モーター ロイヤルとアスリートは2.5L/3.5LのV6、ワイドトレッド化されたエクステリアと使い勝手が追求されたインテリア、、、と書いてます。

Car Sensor Lab
posted by とも at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

新型クラウンにカーナビ連動ブレーキアシスト:一時停止地点前で

2月に発売する新型「クラウン」に、ナビゲーションの路面表示情報を照合して100m先の一時停止地点への接近を知らせるとともに、ブレーキ操作を支援する「ナビ・ブレーキアシスト」が掲載されることになった。

一時停止線に近づいても減速しないドライバーに、音声でこれまで注意していたが、さらに今回、注意を受けてブレーキを踏んだ時にブレーキ力を高める機能を追加した。しかし、強制的にブレーキをかけさせるわけではない。
posted by とも at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

新型クラウンに目の開閉検知し衝突防止警告する世界初システム装備へ:まぶた長く閉じると

近く発売予定の新型クラウンに、運転者の目が閉じていないかどうかを検知して警告を発っする世界初の安全システムを、トヨタ自動車はオプション装備することになった。

モニターカメラと画像処理コンピューターを新型クラウン車内に設置し、まぶたをまばたきより長く閉じていると、警告音を鳴らしたり、軽いブレーキをかけ運転者に警告する。
posted by とも at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

2月登場の新型トヨタ クラウン最新情報:corism

クラウン@最新情報 ブログの愛読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

corism の正月号に、スクープとして「新型トヨタ クラウン」の最新情報が載っています。新型トヨタ クラウンのアスリートとロイヤルの2タイプが2月に登場。そして、約3カ月遅れて待望のハイブリッドモデルがデビューする。

corismは「パッと見は大きく変わっていないようにも見えるが、ボディラインや細部のディテールを現行型と比べてみるとかなり洗練されており、これまで以上にスポーティな印象を与えてくれる。ボディサイズは、全長4870mm×全幅1795mm×全高1470mmと、現行型に比べ全長で30mm、全幅で15mmほど拡大されているようだ」

「特筆すべきは改良されたシート。フロントシートはシートバックを20mm高めて肩周りのホールド性を向上。また、ランバーサポートの位置も30mm下げることで、腰周りのサポート感を向上させている。こうした改良にシート表皮とシートクッションの厚みを増したこととが相まって、高級サルーンに相応しい快適な座り心地を提供してくれるだろう


「エンジンバリエーションは、全モデルV6がラインナップされる。アスリートには215ps/26.5kg-mを発生する2.5リッターと315ps/38.4kg-mを発生する3.5リッターが用意され、ロイヤルは、256ps/32.0kg-mの3リッターとアスリートと同じ2.5リッターとなる。トランスミッションは「駆動力統合制御システム」という新たな制御システムが採用された6速ATが組み合わされる。アクセル操作と車速からドライバーが求める駆動力をコンピュータで予測し、最適なギヤ制御とエンジントルクを引き出すという新システムの採用により、これまで以上に質の高い走りを味わうことができるだろう」と言っています。

(引用先 corism:Http://corism.221616.com/articles/0000074396/)

なかなか、ポイントをついてうまく解説してあります。美しい新型トヨタ クラウンの写真つきです。新型トヨタ クラウン購入を検討しておられる方は、一読の価値があると思います。
posted by とも at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

トヨタの新型クラウンが2月にデビューか:東京モーターショーにコンセプトカーとして出展されたが:レスポンスより

レスポンスは「東京モーターショーにコンセプトカーとして出展されたトヨタの新型『クラウン』が、08年2月にデビューするとのスクープが飛び込んだ。一見すると現行型とそっくりなデザインは、最新のトヨタトレンドが投入され、繊細で張りのある面に仕上がっている。ラインナップにはハイブリッドも用意、先進の安全技術も盛り込まれ、ゼロ・クラウンの正常進化形としてデビューする」との短い記事を載せています。

東京モーターショーでは、レクサスが一番注目され、現在行われているヤフーの二回目の人気自動車コンテストでも一番になるもよう。

東京モーターショーではクラウンは特別注目されていませんでしたが、出展されたトヨタの新型『クラウン』が、08年2月にデビューする可能性も出てきており、レスポンスの短い記事を紹介します。
posted by とも at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。