スポンサードリンク

2007年05月07日

四代目クラウンマジェスタ:スポーティーさを強調:持ち込み車検

「四代目クラウンマジェスタは、ZERO CROWNとして大胆なモデルチェンジを果たしたクラウンと同様に、歴代の中では最もアグレッシヴでスタイリッシュなデザインとなったが、縦型テールランプは継承された。

エンジンは直6・3.0Lエンジンを廃し、セルシオなどと共通のV8・4.3リッター(3UZ-FE)のみとなった。 トランスミッションは6速シーケンシャルシフトマチック(スーパーインテリジェント6速オートマチック<6 Super ECT>)のみ。

グレードは4WD仕様のi-Fourをあわせ、CタイプとAタイプの3グレードのみ。 ターゲット年齢層を下げるため、高級感のあるツートンカラーの設定が無くなり、した単色のみの設定とした。ベースカラーはホワイト・ホワイトシルバー系。

全車にエレクトロマルチビジョンとバックガイドモニターやETCを標準装備し、ナイトビュー、インテリジェントAFS、プリクラッシュセーフティーシステム、レーンキーピングアシストなどの最新鋭の安全装備も搭載している。 天然木を使用したり、特殊な防音材を使用するなど内装も高級な作りになっている。

2006年7月3日、マイナーチェンジがなされ、キャッチコピーは”至高の走りが、ここに極まる”及び”drive, MJ”。セルシオが6月に製造中止となり、トヨタブランドとして、ショーファードリブンであるトヨタ・センチュリーなどを除いてオーナーズカーとして最上級車種となった。

2代目からの伝統として、マイナーチェンジ後はフロントグリルが横桟から縦桟グリルに変更された。

マイナーモデルチェンジに伴い、トヨタモデリスタより「クラウンマジェスタ・スーパーチャージャー」が発売されている。 340馬力など数々のチューンや、エアサスペンション、6速トランスミッション、マフラー、スタビライザー等も専用に設計されたものになっている。エンブレムも専用のものが付き、差別化が図られている。

大幅にチューンアップされているため、持ち込み車検となるほか税金の減免処置が受けられなくなるなどの注意も必要」。

(引用先Wikipedia)。


posted by とも at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン マジェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラウン マジェスタ:ヘッドアップディスプレイを標準装備

「クラウン マジェスタ (CROWN MAJESTA) はトヨタ自動車で生産・販売されている大型の高級自動車。トヨタのオーナーズカーとして最高級車である。

トヨタが想定している競合車種は、国産では日産のシーマ、ホンダ・レジェンドなど。 輸入車ではメルセデス・ベンツ Cクラス、BMW・3シリーズ、アウディ・A4等のDセグメント車が価格的に相当する。一方ボティサイズ・排気量では、メルセデス・ベンツ Eクラス、BMW・5シリーズ、アウディ・A6などのEセグメント車が相当する。

2005年よりトヨタ系列の高級車ブランドとして、日本国内でレクサスが販売開始されたこともあり、想起されるイメージが高級車的なものからから、大衆車のなかの大型高額車種という要素に変化してきている。

初代より全シリーズでフロントガラス上に情報を表示する機能を持ったヘッドアップディスプレイを標準装備している唯一の車。これにより他の自動車との差別化が図られている。ナイトビジョンを除くとヘッドアップディスプレイはレクサス全車種、センチュリー、セルシオを含め、高級車でも他の日本の乗用車には装備されていない」。

(引用先Wikipedia)。
posted by とも at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラウン マジェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。